こころのケアについて


現在、わたし達は仕事においてもプライベートにおいても日々、沢山のストレスにさらされています。あるデータによると今の日本では3人に1人がうつや何らかの心の病を持っているとも言われています。そんな中で、ストレスが原因で身体の不調をきたしたり、また身体の不調から心のバランスを崩すことも珍しくありません。

更に、働く人たちにとっては「職場うつ」の問題も深刻です。急激な雇用条件の変化によるストレスは深刻で厚生労働省が今年1月、東京都内の中小企業を対象に行ったアンケート(有効回答・55事業場)では、「抑うつ状態」とみられる従業員の割合が約25%にのぼっています。

 

更に、労働者白書によると仕事に働きがいを感じている日本人の労働者は1980年代と比べて半減しています。また、イギリスの調査会社「FDSインターナショナル」によると日本の労働者の労働意欲は先進23カ国中最下位だったそうです。

 

働く人を取り巻く環境は年々厳しくなりつつあります。そんな中で、毎日を健康に過ごすためには身体のケアだけではなく心のケアがとても大切です。

では、「らくがき」でできる心のケアとは・・・???

 

無心になって「らくがき」をしていると、いつの間にか気が付いたら気分がスッキリしていたり、心が落ち着いているということがよくあります。

それは「らくがき」にカタルシス効果があるからです。

カタルシスとは心の浄化作用のことですが、人はストレスを抱え込むと不安な気持ちになったり、イライラしたりとネガティブな感情を溜め込んでしまいます。

そんな溜め込んだ気持ちはどこかで吐き出さないといつか限界が来て爆発させてしまいます。

 

身近にあなたのそんな気持ちをちゃんと聴いて受け止めてくれる人がいればいいのですがそういう人がいない場合、限界まで達した鬱積した感情が身体に出ると心身症になったり、心に出ると神経症やうつ病という事に発展する可能性もあります。

 

では、身近にあなたのそんな気持ちをちゃんと受け止めてくれる人がいなかった場合どうすればいいのか?

紙とクレヨンがその役割をしてくれるかもしれませんよ。

 

モヤモヤしたりイライラしたり、不安だったり・・・。そんな鬱積した気持ちを心のままにクレヨンを使って紙に吐き出す。こんな「らくがき」という誰にでも簡単にできる方法で驚くほど気分がスッキリしたり、ホッとしたり・・・。あなたも一度お試しあれ。