はじめてのかたへ いとうまりの想い


もし、あなたが自分で自分の事を喜ばせたり、楽しませたり、幸せにすることができたら・・・。


 

誰かに幸せにしてもらおうとはおもわないですよね。
誤解しないでくださいね。


それは、なにもひとりで生きていきなさいといっているわけではないんです。

 


「自分で自分をしあわせにできる」自立した人同士が一緒にいればお互いが自分らしく自由にのびのびといられ、しあわせは何倍にも広がっていきます。


 

「自分で自分をしあわせにできない人」は必ず【誰か】に幸せにしてもらおうと考えます。
すると、その瞬間から自分の人生なのに自分で選択できず誰かに期待してしまう依存した人生。
わたしはこれを「他人軸」の人生と呼んでいます。


 

もし、これが恋人や夫婦関係なら彼氏や旦那さんに幸せにしてもらおうと期待し、相手の人生によっかかってしまうかもしれません。


もし、これがお母さんなら子どもさんに期待し自分の夢を託してしまうかもしれません。

もちろん、これらが悪いことだと言っているんじゃないんです。


 

でももし、誰かに幸せにしてもらうのではなく、自分で自分をしあわせにできる自分いなれたら・・・。他人が選択の基準ではなく自分で自分の人生を選択し決めることができたら・・・。わたしはこれを「自分軸」の人生と呼んでいます。
せっかく、一度きりの人生なら他人ではなく自分に期待する、あなたが主役の人生を生きてみませんか?

 

テーマは自立!!

自立には人それぞれの解釈があると思うけれど、「日本らくがきセラピスト協会」の自立の定義は【自分で自分のことを幸せにできる人】一人でも多くの人が自立し、そんな人の輪が世界中に広がることがわたし達のビジョンです。

 

そのためには一人ひとりが「自分軸」で生きることが大切。

わたし達には自分の感情を大切にし判断基準を自分を中心に考える「自分軸」を他人の感情を優先し、判断基準を他人に合わせる「他人軸」とがあります。こう聴くと「自分軸」の生き方はとても自己中心的でわがままな感じに聞こえてきますが、そうではありません。